イベントカレンダー

6月のアウテイング・競馬観戦

日時 2003年6月7日(土)
場所 東京競馬場メモリアルスタンド

梅雨が心配された6月7日(土)、テルセン公使を始め、在京日仏関係諸機関の紳士、淑女32名は、府中の東京競馬場メモリアルスタンドに集まりまし た。 幸い薄日が指す絶好の競馬日和、馬場のコンデイションも良好、全員期待に胸を膨らませてレースを観戦しました。 そしてその期待は、見事に実現しました。

競馬は入場料さえ支払えば、誰でも観戦出来ます。 今回の日仏交流アウテイングはある偶然がきっかけとなり、企画されることになりました。

当会の文化委員の田辺理事が、ニュージーランドから成田行きのビジネスクラスに搭乗した際、偶然競馬国際交流会の北原理事長とお隣り合わせになりました。 

日仏親善交流についてお話をするうち、国際交流にご理解の深い北原理事長、東京競馬場の貴賓室に日仏関係者を招待しよう、と言うお話に発展しまし た。 それも幾つかある貴賓室の中で、最も格式の高いローズ1にご案内戴くことになったのです。 何と有り難いお話ではありませんか。

そして第3レースに、日本競馬会の史上4番目と言われる高配当が出たのです。 15番人気のアイアイキセキ、7番人気のスギノデトリアーノが1着、 2着とゴールに駆け込んで来たのです。 その瞬間、我等のお仲間の一人、E嬢は失神せんばかりでした。 何と200円の馬券で30万円の配当を手にしたの です。

この快挙で貴賓室は一気に盛り上がりを見せました。 今まで消極的だった紳士、淑女達も真剣に次のレースの勉強に取りかかりました。 パドックで我 と我が目で出走馬や騎手の毛並み、顔色を確かめました。W女史などは騎手のルックスで馬券を決めるなど、それこそ十人十色、皆忙しく馬券売り場に向いまし た。 そしてその結果は、後はご想像にお任せ致します。 

こうしたアウテイングでは、思わぬタレントが出現するものです。 テルセン公使とご一緒に重要なお仕事を担当されているプユイサン女史、双眼鏡を片 時も離さず、各レースの実況放送をユモア?たっぷりに行いました。 一同これには抱腹絶倒、笑いの涙で出走馬も霞んで見えたほどでした。

この間、テルセン公使急のご栄転が参加者全員に伝えられました。 公使初の離任のご挨拶は、このローズ1で行われました。 パリクラブのために種々のご尽力を戴いた、素晴らしいお人柄の公使をお送りするに、誠に相応しい、和やかな雰囲気でした。

お別れ、笑い、興奮、E嬢寄贈のシャンペーン、そして競馬国際交流会小山部長の肌理細やかなご親切なアテンドで、全員子供の遠足のように楽しく、賑やかに時を過ごしました。 気付いた時には、美しい緑の芝生の上に、既に西に傾くお日様の光りが指し始めておりました。 一同別れを惜しみつつ、競馬場を 後にしました。

文責 蘆野

Salon de mai「日本料理って何?」

日時 2003年5月19日
場所 赤坂「SAKE鏡花」
特別講師 金沢「銭屋」 高木慎一朗シェフ

「日本料理って何」をテーマに、5月19日月曜日の夕方7時から、赤坂のSAKE鏡花と言うお店で楽しい勉強会が開かれました。 講師として金沢にある銭屋の専務さんでもある高木慎一朗氏が招かれました。 

高木氏は大学ご卒業後京都の吉兆で2年間、徳岡孝二氏に師事して料理の修業に打ち込まれた方です。 当夜は勉強熱心で、しかもグルマンな日仏の会員方が28名参加されました。

高木氏は先ず現在の日本料理の因って来るところについて、判りやすい解説をされました。 混同しやすい懐石料理と会席料理の違いとか、割烹の由来な ど、意外に我々日本人も普段知らずに過ごしている事柄を丁寧に解説して戴きました。 また外国のお料理と互いに影響し合って来ていることなど、興味深いお 話も聞くことが出来ました。

質議応答には、人生最後の食事には何を選びますか、フォアグラではないでしょうね、と言うような珍問も飛び出し、皆大変に和やかな雰囲気になりました。 その頃から大分お腹も空き始めました。

そこに高木氏自ら作られた冷酒用のお肴が次々と運ばれました。 神妙に講議を拝聴していたお行儀のよい生徒達も、目を輝かせながらお酒とお肴に群が りました。 SAKE鏡花では、如何にお酒を美味しく飲ませるかに重点を置いたお料理を金沢の高木氏に調製を依頼し、毎日空輸しているそうです。

従来にない発想で、新しいタイプのモダンな居酒屋、と言えるでしょう。このイベントを発案、プロモートされたのは、パリクラブの理事で文化委員会に所属しているマニグリエ真矢さんです。

 0519-salon_de_mai

デバ「最近の直接対仏投資の例と経験」

日時 2003年5月13日
18:00 開場
18:30 開始
場所 恵比寿 日仏会館ホール
(JR恵比寿駅、動く遊歩道出口からガーデンコートに向かって左方面徒歩5分)
会費 4,000円
お申し込み MAIL : parosclub@ccifj.or.jp  FAX : 03-3288-9558

フランス側の、通常の進出企業優遇策を遙かに超えた協力も画期的なものがありました。当時フランス大使館経済商務部参事官だった Laurent FISCUS 氏を帰国させ、ノール県の本プロジェクト管掌副知事に任命したのは、その端的な表れです。

しかし、新戦略は一つの事象であって、その背後にはトヨタの一貫したフィロソフィーがあることが、当時のトヨタフランス社長 渡辺氏のお話を伺っている内に分かってきました。今回はその辺りもお聞かせ頂き、また、トヨタのカルチュアを如何に速やか且つ徹底的に新従業員に浸透さ せ、効率の良いオペレーションに導いたかと云うような点もお聞かせ願うことになっています。

今回のデバは先ず、当時 トヨタ・フランス社長としてプロジェクトを指揮された 渡辺弘明氏 (関東自動車工業(株)副社長)に基調講演をお願いし、続いて 舩橋晴雄氏(エコノミスト、元国土交通省審議官、パリクラブ常任理事)ならびに Christian NARDIN 氏(ダッソー・システムズ(株)代表取締役)のお二方から日仏の、そして元高級行政官、民間企業経営者の立場からコメントを述べて頂いた後、お三方の座談 会を暫し行って頂き、それからフロアーからの御質問に答えて頂くという形式をとる予定です。

司会は Michel THEOVAL氏(Thales International Japan KK 社長、CCIFJ 総書記)、久米五郎太氏(丸紅(株)ユティリティー・インフラ部門兼プラント船舶部門長補佐、パリクラブ常任理事)のお二方に共同でお願いしています。同 時通訳付きです。何卒奮ってご参加下さい。

グローバリゼーションと国際企業 「日仏の交差する視線」

日仏協会、CCIFJ 共催

日時 2003年2月6日
場所 恵比寿 日仏会館ホール
(JR恵比寿駅、動く遊歩道出口からガーデンコートに向かって左方面徒歩5分)

2月6日 恵比寿の日仏会館に於いて開催された日仏協会、CCIFJ 共催の恒例デバは参加者 78名の盛況でした。パリクラブと在日フランス商工会議所が初めて、あらゆる意味で partenaires egaux として共同で起ち上げた行事が大成功であったことは真に意義深いものであり、将来に大きな期待を寄せる次第です。ご参加頂いた方々、ご協力頂いた方々に心 から御礼申し上げます。

当日の配布資料【PDFファイル】

 

当日の共同司会者の一人 久米五郎太氏(パリクラブ常任理事)がかねてよりご執筆中だった纏めが完成しましたので、早速掲載しました。下のボタンからリンクしますからご一読下さい。ます。仏訳は現在フランス側パネリスト及びフランス共同司会者が校閲中ですが、終了次第、未だ工事中のフランス語サイトに掲載します。

当日の纏め【PDFファイル】

甲州の秋、ミレー、ルオーそしてワイン、山梨日仏協会との交歓

日時 2002年11月2日
集合 7:30 新宿西口安田生命ビル前
参加費 8,800円

表記趣旨の日帰りバス Excursion を11月2日に予定しています。山梨県立美術館,清春白樺美術館で、ミレーの「種蒔く人」、ルオーのコレクション等を鑑賞し、サントリー登美の丘ワイナ リーで山梨日仏協会の方々と交歓、会食と云った充実したスケジュールです。車窓から錦秋の甲州路を愛でながら、葡萄酒の杯を傾ける至福の時をご一緒に味わ いたいと存じます。

集合は11月2日午前7時30分新宿西口安田生命ビル前、参加費は8,800円です。(全費用込み)帰着は19時30分頃の予定です。座席に十分な予定をもたせた、ゆったりした計画です。

第2回ミニデバ兼第37回ランデヴー F-J

パリクラブ、CCIFJ 共催

日時 2003年2月6日
場所 メルシャンサロン
講師 WTO上級委員、京大名誉教授の谷口安平氏
進行 パリクラブ常任理事、横堀恵一氏

0930-ccifj-1ミニデバ「WTOの紛争処理」は9月30日メルシャンサロンで開催されました。

講師は WTO上級委員、京大名誉教授の谷口安平氏、進行はパリクラブ常任理事、横堀恵一氏にお願いしました。横堀氏は通産省ご在任当時、WTO の前身であるGATT 交渉の主役を何度と無く務められ、GATT からWTO への移行をご体験されているので、その意義に光を当て、質疑の方向付けを極めて有効適切にリードされました。

前身のGATTに比べ WTO は上級委員会を設け、訴訟法的な手続きを整備したとはいえ、主権国家同士の外交交渉のしがらみから抜け出せず、非公開性であること、勧告、裁定は当事国に 対する強制力が無く、無視されたときは報復措置しか対抗手段が無いこと、途上国は行使する報復措置に乏しく、十分なアッピール能力に欠けるので不利になる こと等が指摘され、喧々諤々の議論で大幅に時間を超過してビュッフェの歓談に移りました。

0930-ccifj-2ミニデバとは一名の基調講話に続き、フロアーからの質疑に移る、通訳は使わない、終了後はビュッフェ・パーティーに移行する、という本年から発足させた新しい形式の催しです。

狙いは講話及びフロアーからの質疑に十分時間を取り、充実したものにする、比較的小人数で小回りが利くので、時に応じて時事的、あるいは多少専門的、若しくは特殊な主題も取り入れて行こうと云うものです。所期の狙いは充分達成していると見られますので、今後も折に触れて開催して行きたいと存じます。適当な主題につきご提案いただければ幸甚です。