イベントカレンダー

【レポート】講演会『フランスはなぜショックに強いのか?』~持続可能なハイブリッド国家

フランス経済は内需主導型

5月18日、日仏会館において、今年4月まで4年間にわたってパリクラブの会長を務められた瀬藤澄彦氏(現パリクラブ・フランスフォーラム議長)を講師に、ニッセイ基礎研究所上席研究員の伊藤さゆり氏をゲストにお招きし、講演会「フランスはなぜショックに強いのか?~持続可能なハイブリッド国家」を開催しました。瀬藤氏は、本講演と同タイトルの新著を6月13日に文眞堂から発売される予定です。伊藤氏は、NHK「クローズアップ現代」や「経済フロントライン」に出演されたほか、昨年11月に開催した講演会「英国EU離脱 経済的影響と国際関係の展望」にもご登壇されたので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
マクロン新大統領が誕生し、フランスが世界的に注目を集めているなか、フランス経済の展望などについて、専門家の視点から分かりやすく解説していただきました。

前パリクラブ会長の瀬藤氏

前パリクラブ会長の瀬藤氏

日本人が抱くフランスのイメージというと、ファッション、グルメ、高級ブランド、アートなど華やかなキーワードが挙げられると思いますが、パリやフランスの地方に20年近くも暮らしていた瀬藤氏は、そういうイメージが先行している状況に違和感を持たれているそうです。なかには、パリを訪れた日本人が、想像していたパリとあまりにも違うため、「パリ症候群」になってしまうこともあるのだとか。後段で詳しいお話をされていましたが、多くのフランス人は、外食やファッションの支出を控えるなど、意外にも質素で堅実なライフスタイルを好んでおり、その点では日本人と通じ合う部分があるかもしれません。
また、EU内における最大の経済大国であるドイツが隣国ということもあり、フランス経済に活気が感じられないとみる風潮も強いのですが、瀬藤氏は「経済面で問題がある国というイメージも先行しています。しかし、10年、20年単位で見ていくと、違った姿が見えてきます」と、この点でもイメージとのギャップを指摘されています。世界経済を疲弊させたリーマンショック。多くの国が後遺症に苦しむなか、ドイツを除き、最も早くリーマンショック以前の水準に回復したのがフランスでした。
そのドイツにしても、東西ドイツが統一された90年代初頭から2000年代初頭くらいまでは、経済成長率でフランスの後塵を拝しており、当時は「フランスは世界経済の機関車。ドイツ経済はヨーロッパの病院」などと揶揄されていたのです。ドイツの場合は、ユーロ導入が有利に働いたうえ、東欧のEU加盟によって安価な労働力を確保できたことが躍進につながったのですが、反対にユーロ導入で競争力を失ったのがフランスでした。
フランス経済の特徴は、景気変動の山と谷の幅が小さいこと、輸出に頼らない内需主導型であること、そして幅広い利害関係団体ネットワークが構築されていること。内需主導型についていえば、堅調な個人消費が経済を支えており、政府が笛吹けども内需が伸びない日本とは対照的といえます。このほか、GDPに占める輸出依存度をみると、フランスの29%に対しドイツは46%。外需主導型のドイツとの違いが歴然としています。自動車産業を中心にグローバル化の波に乗ったドイツは、中国など新興国への輸出が好調で、いまや「過度な黒字国」と位置づけられていますが、外需主導型は文字通り外的要因に左右されるため、長期的にみれば、内需を柱にした国づくりに魅力を感じます。

Pages: 1 2 3 4

【開催済】講演会『フランスはなぜショックに強いのか?』~持続可能なハイブリッド国家

La France, pourquoi est-elle resiliente aux chocs ? -Modele d’un Etat-nation hybride soutenable

講演者:瀬藤澄彦 氏

瀬藤澄彦

東京理科大諏訪・非常勤講師 パリクラブ・フランス経済フォーラム議長

元帝京大学経済学部教授 パリクラブ(日仏経済交流会)フランス経済フォーラム議長 早稲田大学法学部卒業 ジェトロ(日本貿易振興機構)アルジェ・パリ・リヨン・モントリオール所長次長 フランス経済財政産業省・対外経済関係局(DREE)パリベルシー出向 など歴任 フランス国家功績勲章・オルドル・ナシオナル・ド・メリット・シュバリエ賞大統領叙勲 主要著書 『多国籍企業のグローバル価値連鎖~国際経営戦略論の系譜』

対談者:伊藤さゆり 氏

伊藤さゆり

ニッセイ基礎研究所上席研究員

日本興業銀行入行  ニッセイ基礎研究所入社 専門 欧州経済 論文講演多数
講演TV出演多数 NHKクローズアップ現代など 著書「EU分裂と世界経済危機―イギリス離脱は何をもたらすか」(NHK出版)

suite »

【開催済】France Alumni、Paris Club、ALFI 3団体合同 アペリティフ・パーティー

5月13日(土)、France Alumniは、アンスティチュ・フランセ東京のラ・ブラスリーのテラスにてアペリティフ・パーティーを行います!

みなさま、大変長らくお待たせしました。
昨年4月から約1年ぶりに、France Alumni、Paris Club、ALFI合同のパーティーが開催されます。

日仏経済交流でご活躍されているParis Club、仏検1級合格者の会ALFIのメンバーは、まさにAlumniの大先輩です。世代や職業は違えど、フランスというつながりをもとに、France Alumniと大切なパートナーシップを結んでいます。

今回、会場に選んだのは、本場フランスの雰囲気溢れるアンスティチュ・フランセ東京のラ・ブラスリーのテラス。美味しいワインを片手に、フランス語、留学、仕事、趣味などさまざまな話題に花が咲くことでしょう。

5月のさわやかな空気の漂うテラスで、美味しいお酒と楽しい会話のひとときを過ごしてみませんか?

suite »

【開催済】第64回Rendez-vous Franco-Japonaisのご案内

拝啓 春寒しだいに緩むころ、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

来る4月25日(火)18時50分頃からBNPパリバ証券で下記要領により、第64回ランデブーフランコジャポネを開催します。

日時 2017年4月25日(火)
18h50頃~19h30頃(講演)、及び19h30頃~(懇親会)
場所 BNPパリバ証券セミナールーム
(東京都千代田区丸の内1-9-1グラントウキョウ ノースタワー42階)
JR東京駅八重洲北口直結
講演 外務省アフリカ部アフリカ第一課首席事務官 森本真樹氏
講演テーマ 「南仏から垣間見るフランス事情」
主催 パリクラブ(日仏経済交流会)
共催 在日フランス商工会議所(CCIFJ)
言語 日本語
参加費 会員4,000円、共催会員4,000円、非会員5,000円
定員 80名
問合せ先 パリクラブ事務局 e-mail:bon-jour@parisclub.gr.jp
(キャンセルの場合もこちらにご連絡ください)

イベントに申し込む

上記ボタンをクリックの上、イベント欄「ランデブーフランコジャポネ」で参加申込みをお願いします。

敬具

【開催済】「総会案内」第24回定時総会のご案内

拝啓 花咲く季節、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

来る4月25日(火)18時からBNPパリバ証券で下記要領により、会則第13条に基づく第24回定時会員総会を開催し、2016年度の会計および会務全般について付議します。各位のご参集をお願いします。

suite »

【レポート】第8回輝く会「暮らしを守るために知っておきたい世界の海洋環境・地球環境」

ドゥマンジュ教授と歩んだ波瀾万丈の人生

暮らしを守るために知っておきたい世界の海洋環境・地球環境

4月19日、日仏会館において、元モナコ公国海洋博物館館長夫人のドゥマンジュ貴代子氏を講師にお招きし、第8回輝く会のセミナー「暮らしを守るために知っておきたい世界の海洋環境・地球環境」を開催しました。まずは貴代子氏の経歴を簡単に説明しておきましょう。1967年、漁業視察のため、フランス政府の使節として来日したフランソワ・ドゥマンジュ氏(モンペリエ大学教授)の助手を務めたことが縁で、運命的な出会いを果たされます。その後、ご夫婦で西アフリカのコートジボワールやニューカレドニアへ赴き、エビの養殖事業に尽力。繊細な生き物が相手だけに休むヒマはなく、「24時間営業の毎日。炎熱の地で死ぬような思いでした」という過酷な生活を経て、ようやく30年後にノウハウを世界に伝授することができました。今日、世界中の人がエビを食べられるようになったのは、お二人の努力の賜物といっても過言ではありません。
1979年、ドゥマンジュ教授が自然博物館教授に選任されたのを機にパリへ。89年には世界中の錚々たる海洋学者のなかからモナコ公国海洋博物館館長に選ばれ、2001年まで勤務されました。退任後は南仏ニースやタヒチを拠点に執筆活動を続けておられましたが、08年7月に他界。パートナーを失った貴代子氏は日本永住を決意され、現在に至っています。「フランス人というと優雅なバカンスのイメージがあるでしょうが、主人と知り合ってから1日もありませんでした」と苦笑する貴代子氏ですが、長きにわたって世界中で活躍された貴重な経験が、この日の講演テーマである環境問題に対する深い造詣のベースとなっているのでしょう。

貴代子氏(左端)とドゥマンジュ博士(左から2人目)

レニエ大公(当時)とアルベール皇太子(当時)と。貴代子氏(左端)とドゥマンジュ教授(左から2人目)

Pages: 1 2 3 4