イベントカレンダー

第25回パリクラブ輝く会 小泉八雲の曾孫 小泉凡氏 講演会「ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)とフランス、そして松江」

©KOIZUMI

©KOIZUMI

小泉八雲の直系の曾孫 小泉凡氏は、曾祖父の人生を辿るかのように民俗学を専攻し島根県で教鞭をとられておられます。
日本を愛したギリシャ生まれのラフカディオ・ハーンはフランスにも縁があったという知られざる経歴を知ったパリクラブ輝く会では、小泉凡氏の上京の折にお時間をいただいて講演会を開催することになりました。
小泉八雲のハーン姓のルーツがノルマンディーで、ハーン自身も幼少の頃、北フランスの神学校に通った時期があったそうです。画家で民俗学者のポール・セビヨの作品を愛読し、出雲神話について最初に知ったのは2冊のフランス語の本を通してでした。後にフランス領西インド諸島のマルティニークに2年滞在し、民族誌を著しています。
20世紀の構造主義を構築したフランスの人類学者レヴィ・ストロースがハーンを愛読し、弟子にあたるベルナール・フランクが「八雲の弟子」を任じて来日し、護符を通した仏教研究を行い、コレージュ・ド・フランスにて日本研究をリードしました。島根県松江市では、ハーンの妻となるセツがフランス人ワレットから虫眼鏡をもらったことがきっかけで、異文化へのコンプレックスがなくなり、ハーンと国際結婚したという逸話も残っています。
小泉凡氏は現在、小泉八雲にかかわる怪談を観光資源として活かす「松江ゴーストツアー」や俳優の佐野史郎さん山本恭司さんとのコラボレーションで「朗読のしらべ」を開催しているそうです。怪談が似合う真夏の夜、私たちも小泉八雲の世界に浸ってみませんか? 沢山の皆様のご参加をお待ちしております。

suite »

特別企画旅行―ホテルサンバレー富士見 西村達也展へ

温泉の写真

温泉の写真

この度、サンバレーホテル冨士見にて 4月13日~7月31日まで、西村達也画伯の油絵24点の特別展示会が開催されております。
この機会にサンバレーホテルのご協力をいただき、7月20日~21日特別企画旅行を計画いたしました。
ホテル1泊、朝夕食付き、温泉入湯税、2日目の周辺観光スポットバス代、都庁~ホテルまでの往復バス料金・旅行保険を含めてお一人様 18,000 円(消費税込)です。
またお部屋のタイプは 8~10畳の和室をご用意しております。(バス無し、トイレ付)
お一人でお部屋をご利用の場合、または和洋室をご利用の場合は、お一人様3,240円の追加になります。

suite »

第26回輝く会 「オシャレなフランスビール・ペアリング・ナイト」

チラシを拡大する

夏といえばビールが美味しい季節!!
パリクラブ輝く会では日本に初めて入荷したとてもオシャレなフランスビールをワインのように本格的に味わう会を企画しました。
ご提案くださったのはパリクラブ会員の志保あかねさん。彼女はフランスからビエール・アルティザナル(クラフトビール)を輸入するF.B.JAPONに勤務され日本での普及に取り組んでいます。この度、ファッションビジネス界で著名なBCILjaponのベルナール・サンドロン代表が日本に上陸させたモンモリヨン・ブランドのオーガニックビールを是非プロモーションしたいということで輝く会がそれぞれのビールにぴったりと合った美味しいフランス料理とのマリアージュを企画させていただきました。

イベントに申し込む

  • モンモリヨン・ブランシュ 甘味が少なく爽やかな香りの小麦ビール
  • モンモリヨン・ブロンド 軽やかで飲みやすいフルーティーなエール
  • モンモリヨン・アンバー 麦芽風味の余韻が心地よい上品なアンバーエール
  • モンモリヨン IPA 穏やかな柑橘系でありながらパンチの効いたインディア・ペール・エール
  • モンモリヨン・ポーター チョコレートやコーヒーのような芳醇な香りが感じられる黒ビール

BCILjapon 代表 ベルナール・サンドロン氏

BCILjapon ベルナール・サンドロン代表

しかもそれぞれのビールに合ったお料理をルヴェソンベール本郷の山口シェフが考案してくださいます。
ワインとフランス料理ではなく、あえてビールとフランス料理フルコースのペアリングに挑戦してみました。
そしてベルナール・サンドロン氏が直々にそれぞれの味の楽しみ方を流暢な日本語で解説くださいます。

NEWS
日本のビール界の第一人者で国際的なビール審査会に審査員として世界から引っ張りだこの長谷川小二郎氏がなんとゲスト出演くださることになりました。あなたのビールに対する認識が大きく変わるかもしれません!!

長谷川小二郎

記者・編集者・英日翻訳者。2012年から『Japan Beer Times』上級記者としてなどビールに関する取材・執筆活動を開始。2008年から、米ワールドビアカップ(WBC)、オーストラリアンインターナショナルビアアワード(AIBA)、独ヨーロピアンビアスター(EBC)、日インターナショナルビアカップ、英ワールドビアアワーズ(WBA)など、国際的なビール審査会に審査員として参画。2013年からビールと料理の組み合わせのプロであるビアコーディネイター、2018年からビアコーディネイターセミナー講師。マリアージュの面白さを味わえるワークショップは80回以上開催。また同年からは日本ベルギービール・プロフェッショナル協会の講師として、ベルギービールの面白さを伝える講座を担当。2019年は日本語版監修・翻訳を手掛けた『クラフトビールフォアザピープル ブリュードッグ流あたらしいビールの教科書』が1月25日に、執筆と翻訳を手掛けた『今飲むべき最高のクラフトビール100』が5月27日に発売。他に訳書『日本のクラフトビールのすべて』、監修書『世界のビール図鑑』など。

ただいま、ルヴェソンベール本郷の山口シェフが5種類のビールとのペアリング料理を創作中!どんなお料理が生まれるかご期待ください。

suite »

第24回輝く会 海外セレブリティが注目する最新リゾートとアート

25ans、リシェス等出版するラグジュアリーメディアグループの編集局長を務める十河ひろ美 様をゲストにお迎えし、専門分野であるハイエンドな領域のお話しを伺います。

フランスでは、独立記念日のパリ祭を皮切りに本格的なバカンスが一斉にスタートいたします。今回は、6月28日発売のリシェスで特集される世界のセレブリティが訪れるハイエンドなリゾート地の最前線、そしてファッション界でも注目が高まるアートのト レンドについて、インタビューアー芸術家のMICO MAIが伺います。会場は、ファッショ ンイベントの開催も多いENEKO TOKYO。ヴァカンスの雰囲気漂う最新スポットで、バスク料理をお楽しみください。

ゲストプロフィール

十河ひろ美


ハースト婦人画報社
ラグジュアリー メディア グループ 編集局長 兼 25ans総編集長 兼 リシェス編集長

1986年、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社。『mcシスター』、『25ans』の編集長を歴任し、1999年に退社。『ヴォーグ ニッポン』(「現ヴォーグ ジャパン」)を創刊ののち、2006年に再び『25ans』編集長に就任。2012年には『Richesse』を創刊、2誌の編集長になる。
その後2016年11月に、婦人画報、モダンリビング、美しいキモノ、25ans、25ansウェディング、Richesseの各誌と、25ansオンライン、きょうとあすの各オンラインからなるラグジュアリー メディア グループが発足され、編集局長としてグループを取りまとめながら、25ansの総編集長ならびにRichesse編集長を兼務、現在に至る。

インタビューアープロフィール

JINEN Artist MICO MAI


15歳より海外留学、ファッション界名門校Central SaintMartinsにて、Performance Design:コンテポラリーダンス、ライブパフォーマンス、オペラ、映画等の衣装メーク、舞台セットや演出を学ぶ。ロンドン東京を拠点に世界の伝統文化芸能を学び、Performance Paintingの制作を始める。 2016年7月Japan EXPO in Paris出展、同年8月15日竹生島宝厳寺にて弁才天様の仏画と祈りのパフォーマンスを奉納。現地名産である浜ちりめんとガラスが埋め込まれた作品は、本堂に安置されている。2017年、全国にて1万人以上の人々に指導してきた『黄金瞑想』を母から受継ぎ、ロンドンにて瞑想を教える。同年羽黒山伏の一族が400年間守って来た聖地 『濁沢』へ道無き道を登り滝行のち、その地の聖水で守り隠されていた女神 一対の瀬織津姫の姿絵と舞を出羽三山神社と大聖坊へ奉納。2018年奉納ドキュメンタリー映画『じねん』を発表、日本全国で上映中。

suite »

ルネサンス・フランセーズ 第1回栄誉賞 受賞記念「フランソワーズ・モレシャン 特別講演会 モレシャン流 美しい歳の重ね方」

日時 2019年7月6日(土)15 :00~17 :00
会 場 あおぞら銀行オアシスルーム(自由が丘)
主 催 ルネサンス・フランセーズ日本代表部
協 力 あおぞら銀行、自由が丘日仏協会、パリクラブ輝く会
参加費 会員2,000円、協力団体会員3,000円、一般4,000円
定 員 50名
プログラム(日本語で行われます)
14 :45 受付開始(会場は直前まで使用中のため早めにお越しになられても入場いただけません)
15 :00 ~ 16 :00 講演会 (質疑応答含む)
16 :00 ~ 17 :00 懇親会

2019年2月6日フランス大使公邸で開催されたルネサンス・フランセーズ日本代表部 第1回栄誉授賞式にてフランス文化普及賞メダイユ・ドールを受賞されたフランソワーズ・モレシャンさん。
とりわけファッションの世界で活躍し、多くの日本人女性のオシャレやライフスタイルに対する美意識を高めることに尽力されました。様々なファッションビジネスも手掛け著書も多数。
長年フランスと日本の文化交流に貢献し2004年にはレジオン・ドヌール勲章シュバリエ叙勲。2009年、国家功労章の最高勲位 コマンドゥール叙勲されています。
80歳を超えた今なお、ファッショナブルに数々の講演会をこなされているモレシャンさんのお話には日本人も参考にしたい人生を若々しく生きるための秘訣が沢山あります。
モレシャン流美しい歳の重ね方についてアドヴァイスいただきます。
奮ってご参加いただきたくご案内申し上げます。

お問い合わせ:ルネサンス・フランセーズ 日本代表部事務局 infojapon@larenaissancefrancaise.org
ルネサンス・フランセーズのHPからお申込みください。https://forms.gle/MMkB3hTZCjNPovC17

会場:あおぞら銀行オアシスルーム〒158-0083東京都世田谷区奥沢5-28-1
アクセス方法
東急東横線・東急大井町線自由が丘駅正面口より徒歩3分・踏切を渡りすぐ右手

【開催済】第20回パリクラブ輝く会特別講演会 第1回パリで輝く日本女性シリーズのご案内「世界で活躍し続けるためのマインド~三世代に渡って受け継がれていること~」

パリクラブ輝く会では2019年より「パリで活躍する日本女性」シリーズをスタートします。日本女性ならではのコミュニケーション力、優しさ、大胆さでフランスでも活躍している方々にご登場いただきます。

当シリーズの第1回目は「コシノ」の遺伝子を受け継ぎ、現在はデザイナー、クリエイティブディレクターとしてご活躍の小篠ゆまさんをお迎えいたします。
お忙しいお母さま(コシノヒロコ様)の代わり多くの時間を一緒に過ごした祖母とのエピソードや、デザイナーとして世界的に活躍する母との関係、そして次の世代への思いをお話しいただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

suite »