イベントカレンダー

第36回 輝く会イベント「時空を超えたブルゴーニュのシャトー、カーヴ・オンライン見学会」のご案内

パリクラブ輝く会では来る3月28日にコートドボーヌの南部にある美しいサントネ村のロマネコンティの歴史が息づくワイナリー「ドメーヌ・フルーロ・ラローズ」のシャトー・カーヴ・オンライン見学会を開催します。
「ドメーヌ・フルーロ・ラローズ」は2018年日仏友好160周年を記念して当時皇太子だった天皇陛下がフランスを訪れた際、訪問されたことで知られています。
ご案内くださるのはオーナーのニコラ・フルーロさんと久美子夫人。

フルーロ家のワイン造りの歴史はフランス革命前に遡ります。現在のドメーヌの本拠地 シャトー デュ パスタンをフルーロ家が購入したのは1912年。シャトー名 Passetemps のごとく優雅に時が流れていくのを感じます。かつてはロマネコンティがこのシャトーで醸造され地下のカーヴで熟成されていたそうです。第2次世界大戦中はドイツ軍に占領されるも指揮官の計らいにより 戦前のワインも生き延び、地下2階建て、1400m2の巨大で冷涼なカーヴの一角に静かに今も眠り続けているというなんとも貴重な財産です。
「ドメーヌ・フルーロ・ラローズ」のワインは サントネイ、シャサーニュモンラッシェ、バタールモンラッシェ、ル モンラッシェ。いずれも長熟タイプ。1er Cru のモノポール畑を2つ所有しているとのことです。

ブルゴーニュで最も美しいカーヴの一つを録画映像(※1)で見学し、久美子夫人からのそこに眠る至宝のワインたちの紹介を楽しんでみませんか?
ご関心を持たれた皆さまに日本で購入できるドメーヌ・フルーロ・ラローズのワインをご案内をさせていただきます。
下記、田崎真也オフィシャルワインショップから事前に購入することが可能です。宜しかったら是非入手してみてください(※2)。

ドメーヌ・フルーロ・ラローズのワインを購入されたい方はこちら

当日はパリクラブの海外会員 香取夏野さんが現地に飛び、東京と結んでライブ配信も行う予定です。
沢山の皆様のご参加をお待ちしております。

suite »

第9回 Salon de Paris Club Online event «コロナ後の世界と日本の方向性»

次回のSalon de Paris Clubはオンライン開催となりますが、2019年5月に御登壇いただいて大好評を博しました、国際ジャーナリスト・キャスターとして著名な蟹瀬誠一(かにせせいいち)氏をお迎えします。蟹瀬氏は、明治大学国際日本学部名誉教授、外交政策センター理事も務めておられます。今回は、コロナの後、我々の惑星がどのように変化し、日本人として何をすべきかということに関しての方向性を示していただけるものと思っております。講演内容を御本人に以下のように紹介していただきました。

  • コロナ禍が教えてくれたブラックエレファントへの備え
  • トランプの呪縛が解けないアメリカと世界のゆくえ
  • リーダー不在の日本の選択

皆様の御参加をお待ちしております。

suite »

パリクラブ 文化委員会 オンライン講演会「ゴッホの芸術世界」

善きサマリア人

suite »

「総務省見学会および官庁のデジタル化における働き方改革の現状の講演会」ご案内

本イベントにつきましては、新型コロナウイルス感染症拡大抑制のため
一旦延期とさせていただきます。

新たな日程などにつきましては、決まり次第当ページにて掲載いたします。
参加を予定していた皆様には大変申し訳ございませんが
何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

新型コロナウィルスの発生は日本のデジタル・トランスフォーメイション(DX)の動きを加速、菅内閣も2021年9月にデジタル庁発足を発表しています。次の通常国会で審議予定の関連法案の基本方針は、➀行政手続きの迅速化、②生産性向上、③東京集中の解消、④縦割り行政の是正、の4点です。デジタル社会到来は国民一人一人の課題でもあります。

箕浦審議官はコロナ発生以前からリモートワークやペーパーレスの働き方改革をいち早く提唱され、その先見の明のある時代のテーマ先取とその実践行動には目を見張るものです。この度、箕浦様の特段のご配慮で、霞が関総務省のペーパーレスの職場をお見せいただきます。その後、オフィス改革と働き方改革、新たな生活様式とテレワークに関しご講演頂くことになりました。

奮ってご参加下さい。

講演者:箕浦 龍一(みのうら りゅういち)
総務省審議官(サイバーセキュリティ・情報化)

箕浦 龍一(みのうら りゅういち)

ご略歴
2008年、総務省に「カレー部」を立ち上げ、2019年には在日インド大使館との昼食会も実現。大使館の公式FBに「#CurryDiplomacy」のハッシュタグ付で紹介されている。行政管理局時代(2016~2018)に取り組んだオフィス改革を中心とする働き方改革の取組は、人事院総裁賞を受賞(両陛下に拝謁)。2017年の日本行政学会では、「機動力の高いナポレオン型管理職」として紹介される。2018年には、中央省庁初となる中央省庁と基礎自治体との短期交換留学も実現するなど若手人材育成にも取り組んでいる。ほかに、一般社団法人軽井沢リゾート・テレワーク協会顧問(2018年7月~)、一般社団法人官民共創未来コンソーシアム理事(2020年10月~)も務める。2020年11月、「公務部門ワークスタイル研究会」(一般財団法人行政管理研究センター)を立ち上げ、その研究主幹に就任。そのほか、金沢在住の若手経営者等から構成される「金沢イノベーション・ハブ研究会」(アドバイザー)、食を通じて健康と医療を考える「フードメディシンネットワーク」(アドバイザー)など、様々なプロジェクト・コミュニティにも参画している。

suite »

【レポート】第35回輝く会講演会 Withコロナ時代をリードする和コスメブランドMAKANAI 日本発サーキュラーエコノミー

2021年1月22日にオンラインで行われました講演会の様子を動画にまとめました。
下記より閲覧いただけます。

イベントの概要は下記よりご確認いただけます。
【開催済】第35回輝く会講演会 Withコロナ時代をリードする和コスメブランドMAKANAI 日本発サーキュラーエコノミー

尚、当日は「まかないこすめ」のリブランディングに尽力された戦略コンサルタントのヌーシャ・サンマルタン氏が登壇者に加わりました。
登壇者お二人のプロフィールをご参照ください。

【講師紹介】

立川真由美氏

金沢発の和コスメブランド「まかないこすめ」の創設者。
成田や羽田の空港で日本人のみならず外国人を含む多くの人が目を留める「まかないこすめ」のブティック。こんにゃくや米ぬかなど肌にやさしい自然成分の和を全面に出した人気のオリジナル化粧品です。
「まかないこすめ」ブランドは国内展開後、海外進出も果たしパリの老舗百貨店ボンマルシェにも常設コーナーを設けました。
立川氏は環境問題が世界的に意識されるようになったのをきっかけに2020年「クリーンビューティ」を軸とした経営方針を打ち立て、スキンケア部門をリブランディングし、ブランド名もアルファベットのMAKANAIにリニューアル。世界でも画期的な完全循環型の化粧品用プラスチックを開発し、サトウキビの搾りかすを利用した紙でパッケージ箱をつくるなど徹底したサーキュラーエコノミーを実践しています。
世界中が新型コロナウィルス危機に見舞われ様々な企業が苦戦を強いられる中、立川氏は、ビジネスチャンスを加速させブランドの存在感をさらに高める取り組みを実現しました。これらの偉業を成し遂げ、立川氏は会社を譲渡し代表取締役を昨年末で退任。新ブランド「MAKANAI」が新体制で展開されるのを見届けて日本の新たな価値を創造する分野での挑戦を目指しています。

ヌーシャ・サンマルタンNousha Saint-Martin氏

「まかないこすめ」のリブランディングに尽力された戦略コンサルタント。現在はパリ在住ですが、日本では15年以上の実務経験を有し、シャネル、ピエールファーブル、資生堂など国際ブランドの事業展開を運営し、サポートしてきました。
パリと東京を行き来しているうちに両国で市場展開をしている顧客の二重の視点を取り組むソリューションを提供するためにF&JPを創設し、日仏のビジネスコミュニティの間で文化側面を含めて事業の橋がけをするグローバル戦略コンサルタントしてご活躍中です。

【開催済】第35回輝く会講演会 Withコロナ時代をリードする和コスメブランドMAKANAI 日本発サーキュラーエコノミー

「かわいいウサギマークの「まかないこすめ」はフランスでも人気の和コスメとして知られるようになりました。金沢の金箔の老舗から生まれた「まかないこすめ」は金箔づくりの過程で使われた自然発酵ペーストに柿の葉、大豆、卵黄膜など肌にやさしい自然成分で作られているのがオリジナルでした。その後 環境問題が世界的に意識されるようになったのをきっかけに肌や健康はもちろんのこと地球環境に害があるとされている成分を使わない「クリーンビューティー」を軸にサーキュラーエコノミーの考えをさらに強めたリブランディングMAKANAIを発表したのです。コンセプトは「進化する、クリーンな和コスメ。」

折しも世界中が新型コロナウィルス危機に見舞われ様々な企業が苦戦を強いられる中、立川社長はコロナ禍で自らの経営方針がより共感を得られていることを経営者として実感されたそうです。withコロナ時代をリードする新しい戦略としてとりわけ注目すべきは容器やパッケージ。地球環境に負荷をかけない素材を用いて、世界でも画期的な完全循環型の化粧品用プラスチックを開発することで、サーキュラーエコノミーを実現しています。もともと「まかない」とは「今あるものを調整しまかなっていく」という意味を持っています。創業時からこのコンセプトを守り続け、その精神をベースにさらに日々進化し続けていく和コスメであることが企業理念となっています。この11月には新ブランド「MAKANAI」が小田急百貨店にオープンしました。商品の下に手を伸ばすと、自動でその商品が試せるというシステムが考案されています。まさにWith コロナにふさわしい機能となっています。

本講演会では、新型コロナウィルス危機をチャンスと捉え、今後のビジネスチャンスを加速させブランドの存在感をさらに高めていく取り組みをご紹介します。

index

主 催 在日フランス商工会議所マーケティング・流通理事会/パリクラブ輝く会
日 時 2021年1月22日(金)18時30分 ~ 20時00分
開催方法 首都圏を対象に発令された緊急事態宣言に対応するためオンラインのみの開催となりました。
参加費 *パリクラブ会員は会員料金でご参加できます。
会員1,000円・非会員2,000円
言 語 日本語
申 込 下記 在日フランス商工会議所のURLからお申込みください。
https://www.ccifj.or.jp/ja/evenements/calendrier/e/event/makanai-22-01-2020.html
※パリクラブ会員の方も会員料金でご参加いただけます。申込みフォーム内の会社名欄に「パリクラブ会員」とお書き添えください。
※非会員の方、オンライン参加をご希望の方(会員・非会員)には、申込締切後にPayPalよりお支払い用リンクをお送りいたしますので、事前支払いをお願いいたします。
※申込締切後のキャンセル、ノーショーの場合はキャンセル料が発生します。
申込み締切 2021年1月20日 – 12時00分

講演者 立川真由美氏 プロフィール

立川真由美氏は日本の洗練されたアール・ド・ヴィーヴルゆかりの地である金沢市で100年以上の歴史を持つ金箔工房の家で育ちました。2006年、金箔工芸の真髄である「究極の品質と繊細な美しさで自然の恵みを生かし、洗練された美の作法を創造する」ことを次世代に伝えながら、本格的な日本の自然派化粧品ブランドの先駆けとして「まかないこすめ」を設立。現在では、国内の国際空港や主要ターミナルなどの商業施設、パリの名門百貨店「ル・ボン・マルシェ・リヴ・ゴーシュ」をはじめとする海外主要都市と国内13店舗に直営店を展開しています。

プライベートでは立川真由美氏は「MAKANAI」のリブランド達成後株式会社ディーフィットをヤーマン株式会社に譲渡し代表取締役を11月末で退任。「MAKANAI」は新組織で展開されていきます。立川氏はそれを見守り新たな分野での挑戦を目指してい
ます。