イベントカレンダー

【開催済】日仏エコノミストフォーラム東京・ウェビナー 新型コロナウイルス禍後の国際貿易「コロナ禍と国際政治経済への影響と展望 欧州と日本」

日仏エコノミスト・フォーラム東京(FEFJT)は日仏会館フランス国立日本研究所(IFRJ-MFJ)との共催で講演討論会「新型コロナウイルス禍後の国際貿易」を10月22日に開催します。フランス側から大使館経済公使を筆頭にCEPPIとEHESSのシンクタンク系のトップの有識者が日本のこの分野の有識者と議論を深めます。どうぞご参加ください。

講演討論会のご案内

OECDの報告書はコロナ禍を、2001年ニューヨーク9月11日テロの第1次ショック、2007年のリーマン・ショックに次ぐ、第3次の地球規模のショックであると捉えている。各国の需給面と世界貿易にあたえる影響に加えて、この間、世界はデジタル化、気候変動グリーン化、新たな冷戦化の動きが表面化している。また米英日のトップ交代に次いで仏独でも今秋から来春にかけて重要な選挙を控えています。アフガ二スタンやインド太平洋における情勢の急展開がある。一方でWTO(世界貿易機構)は世界貿易が2020年の対前年比マイナス5.3%から2021年にはプラス8.0%に転じると予測している。

このようなコロナ禍の新たな国際情勢につき日仏の第1線級の経済学者やエコノミストはどのような考察を行っているのか。フランス社会科学研究高等大学院(EHESS)のセバスチャン・ルシュバリエ教授を総合司会で、フランスからは在日フランス大使館クリステル・ぺリドン公使、国際政治経済情報研究所(CEPII)のセバスチャン・ジャン所長と、日本側からニッセイ基礎研究所研究理事・伊藤さゆり氏、帝京大学教授・渡邊啓貴教授、日仏会館理事長で新潟県立大学教授の中島厚志氏をコメンテーターとして6人で討論会を行います。

suite »

【開催済】大好きなもの、大好きなこと:絵本に描かれるアフリカの子どものこと

西アフリカのフランス語圏諸国で出版された絵本を紹介します。現地の出版事情をお話ししたのち、絵本には子どもたちが好きなこと、したいことがどのように描かれているかをご覧いただきます。日本の子どもと同じだな、こんなことが好きなのね、こういうことをしたいのね、という発見があることでしょう。アフリカで、日本で、絵本をはじめとした児童文学作品がもつ意味についてご一緒に考えることができれば幸いです。

suite »

【開催済】食の未来:食から見るポストコロナ・新経済・新パラダイムの考察

世界的に評価の高い日本とフランスの食文化・食産業。
今回のセミナーでは、フランス・日本・アメリカ・タイで活躍してきた(活躍する)優れた日本人シェフ、食の経営マネージメントの担い手に登壇して頂きます。
世界を見渡し、美食の未来について、環境、自然、国際交流と貢献、ポストコロナ、経済等、多様な考察のお話を頂きます。

suite »

【レポート】第38回パリクラブ輝く会オンラインイベント 時代の先を読む女性誌編集長による ニュートレンド『アート・オブ・フラワーが2022を動かす!』

2021年10月3日(日)に行われました講演会の様子を動画にまとめました。
下記より閲覧ください。

イベントの概要は下記よりご確認いただけます。
【開催済】第38回パリクラブ輝く会オンラインイベント 時代の先を読む女性誌編集長による ニュートレンド『アート・オブ・フラワーが2022を動かす!』

【開催済】第38回パリクラブ輝く会オンラインイベント 時代の先を読む女性誌編集長による ニュートレンド『アート・オブ・フラワーが2022を動かす!』

好評を博した2019年7月のトークイベントに続く第二弾。【レポート】第24回パリクラブ輝く会「海外セレブリティが注目する最新リゾートとアート」 | 日仏経済交流会(パリクラブ)Paris Club ハースト・デジタル・ジャパンラグジュアリーメディアグループの編集局長を務める十河ひろ美編集長をゲストにお迎えし、専門分野であるハイエンドな領域のお話しを伺います。世界を代表するフランス企業LMVHなど順調に回復する中、今後牽引するトレンドそしてオンライン配信された2022年のパリコレについても伺います。一方、フォーシズンズホテル大手町で、9月28日から10月6日に展示会『Floral Fantasy』を開催予定の芸術家MICO MAIさんに、この時代だからこそ花の生命力をアーティストとしてどのように表現するのか、時代にもたらすアートの力をお話しいただきます。当イベントはお二人の対談となります。配信会場は、アートをコンセプトに昨年開業したフォーシズンズホテル大手町。

十河 ひろ美 プロフィール

ハースト・デジタル・ジャパン ラグジュアリー メディア グループ 編集局長 兼 リシェス編集長
1986年、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社。『mcシスター』、『25ans』の編集長を歴任し、1999年に退社。『ヴォーグ ニッポン』(「現ヴォーグ ジャパン」)を創刊ののち、2006年に再び『25ans』編集長に就任。2012年には『Richesse』を創刊、2誌の編集長になる。
その後2016年11月に、婦人画報、モダンリビング、美しいキモノ、25ans、25ansウェディング、Richesseの各誌と、25ansオンライン、きょうとあすの各オンラインからなるラグジュアリー メディア グループが発足され、編集局長としてグループを取りまとめながら、Richesse編集長を兼務、現在に至る。

MICO MAI プロフィール

Super Artist、 Designer、Performer、Meditation Master、Love Evangelist
1988年生まれ、15歳から24歳までカナダ、アメリカ、イギリスで多文化と芸術を学ぶ。ロンドン芸術大学 Central Saint Martins卒業。
竹生島の弁才天へ仏画と舞を奉納、出羽三神社の瀬織津姫へ一対の姿絵と舞を奉納した。2016年7月Japan EXPO in Paris出展。海外の大自然を旅し、瞑想で自身を知り、心身とも鍛えた。彼女が創り出した絵画作品、映画、パフォーマンスは観た人の秘めた冒険心やTrue Loveを開かせ全身全霊Happyに導く。

フォーシーズンズホテル大手町から Youtube配信

suite »