「総務省見学会および官庁のデジタル化における働き方改革の現状の講演会」ご案内

本イベントにつきましては、新型コロナウイルス感染症拡大抑制のため
一旦延期とさせていただきます。

新たな日程などにつきましては、決まり次第当ページにて掲載いたします。
参加を予定していた皆様には大変申し訳ございませんが
何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

新型コロナウィルスの発生は日本のデジタル・トランスフォーメイション(DX)の動きを加速、菅内閣も2021年9月にデジタル庁発足を発表しています。次の通常国会で審議予定の関連法案の基本方針は、➀行政手続きの迅速化、②生産性向上、③東京集中の解消、④縦割り行政の是正、の4点です。デジタル社会到来は国民一人一人の課題でもあります。

箕浦審議官はコロナ発生以前からリモートワークやペーパーレスの働き方改革をいち早く提唱され、その先見の明のある時代のテーマ先取とその実践行動には目を見張るものです。この度、箕浦様の特段のご配慮で、霞が関総務省のペーパーレスの職場をお見せいただきます。その後、オフィス改革と働き方改革、新たな生活様式とテレワークに関しご講演頂くことになりました。

奮ってご参加下さい。

講演者:箕浦 龍一(みのうら りゅういち)
総務省審議官(サイバーセキュリティ・情報化)

箕浦 龍一(みのうら りゅういち)

ご略歴
2008年、総務省に「カレー部」を立ち上げ、2019年には在日インド大使館との昼食会も実現。大使館の公式FBに「#CurryDiplomacy」のハッシュタグ付で紹介されている。行政管理局時代(2016~2018)に取り組んだオフィス改革を中心とする働き方改革の取組は、人事院総裁賞を受賞(両陛下に拝謁)。2017年の日本行政学会では、「機動力の高いナポレオン型管理職」として紹介される。2018年には、中央省庁初となる中央省庁と基礎自治体との短期交換留学も実現するなど若手人材育成にも取り組んでいる。ほかに、一般社団法人軽井沢リゾート・テレワーク協会顧問(2018年7月~)、一般社団法人官民共創未来コンソーシアム理事(2020年10月~)も務める。2020年11月、「公務部門ワークスタイル研究会」(一般財団法人行政管理研究センター)を立ち上げ、その研究主幹に就任。そのほか、金沢在住の若手経営者等から構成される「金沢イノベーション・ハブ研究会」(アドバイザー)、食を通じて健康と医療を考える「フードメディシンネットワーク」(アドバイザー)など、様々なプロジェクト・コミュニティにも参画している。

場 所 総務庁 会議室
東京都千代田区霞が関2-1-2
日 時 2021年1月28日(木)
16時00分~18時00分
*当日は各自入館手続きを行って頂きゲート通過後に1階エントランス・ホール電子時計前にご集合下さい。
 15時45分箕浦様が参加者の皆様をお迎えに来られ会議室までご案内して下さいます。
プログラム 概要
① 16:00 総務省庁舎内のオフィス改革の現状を見学
② 16:40 箕浦 オフィス改革デジタル化推進と働き方改革の現状
      箕浦 コロナ危機と新たな生活様式ーテレワーク
③ 17:30 瀬藤 フランスの省庁のデジタル化などの事例紹介
④ 17:40 質疑応答
⑤ 18:00 終了
主 催 パリクラブ(日仏経済交流会)
言語 日本語
司 会 瀬藤澄彦(パリクラブ参与)
進 行 山田朋子
広 報 森由美子、伊藤朋子
照 会 パリクラブ・日仏経済フォーラム
参加費 無料
先着20名 *応募多数の場合は主催団体会員を優先とさせて頂きます。
申込方法 1月22日(金)までに下記からお申込み下さい。

イベントに申し込む

参加者には総務庁への入館番号をお知らせします。

ご参加をお待ちしております。