第36回 輝く会イベント「時空を超えたブルゴーニュのシャトー、カーヴ・オンライン見学会」のご案内

パリクラブ輝く会では来る3月28日にコートドボーヌの南部にある美しいサントネ村のロマネコンティの歴史が息づくワイナリー「ドメーヌ・フルーロ・ラローズ」のシャトー・カーヴ・オンライン見学会を開催します。
「ドメーヌ・フルーロ・ラローズ」は2018年日仏友好160周年を記念して当時皇太子だった天皇陛下がフランスを訪れた際、訪問されたことで知られています。
ご案内くださるのはオーナーのニコラ・フルーロさんと久美子夫人。

フルーロ家のワイン造りの歴史はフランス革命前に遡ります。現在のドメーヌの本拠地 シャトー デュ パスタンをフルーロ家が購入したのは1912年。シャトー名 Passetemps のごとく優雅に時が流れていくのを感じます。かつてはロマネコンティがこのシャトーで醸造され地下のカーヴで熟成されていたそうです。第2次世界大戦中はドイツ軍に占領されるも指揮官の計らいにより 戦前のワインも生き延び、地下2階建て、1400m2の巨大で冷涼なカーヴの一角に静かに今も眠り続けているというなんとも貴重な財産です。
「ドメーヌ・フルーロ・ラローズ」のワインは サントネイ、シャサーニュモンラッシェ、バタールモンラッシェ、ル モンラッシェ。いずれも長熟タイプ。1er Cru のモノポール畑を2つ所有しているとのことです。

ブルゴーニュで最も美しいカーヴの一つを録画映像(※1)で見学し、久美子夫人からのそこに眠る至宝のワインたちの紹介を楽しんでみませんか?
ご関心を持たれた皆さまに日本で購入できるドメーヌ・フルーロ・ラローズのワインをご案内をさせていただきます。
下記、田崎真也オフィシャルワインショップから事前に購入することが可能です。宜しかったら是非入手してみてください(※2)。

ドメーヌ・フルーロ・ラローズのワインを購入されたい方はこちら

当日はパリクラブの海外会員 香取夏野さんが現地に飛び、東京と結んでライブ配信も行う予定です。
沢山の皆様のご参加をお待ちしております。

開催日 3月28日(日)19:30 – 21:00
・オンライン見学会(録画)with 現地生中継 19:30 – 20:30
・Q&A                  20:30 – 20:50
・総括                   20:50 – 21:00
協 力 日仏芸術文化協会
参加費 無料

※1:カーヴ内の通信環境の都合で内部案内は録画映像となります。
※2:ワインのご購入は必須ではございません。

イベントに申し込む

お申込みいただいた方には3月中旬頃、アクセスリンクをお送りさせていただきます。

最後に、田崎真也様からパリクラブの皆様にドメーヌ・フルーロ・ラローズのご紹介メッセージをいただきました。こちらもご参照ください。

Domaine Fleurot-Larose のワイン

 ニコラと久美子さんの結婚(2003年)直後のボルドー、ヴィネクスポの会場で、久美子さんより「今度、機会があったらサントネにいらしてください」と声をかけていただいたのが最初の出会いでした。
2007年秋、NHKのブルゴーニュからの生中継する番組出演の際、その“機会“があり、ヴィネクスポでの約束を果たすことができました。
 そして、この歴史あるDomaineの伝統に、久美子さんの日本のエスプリが加わったワインを自ら日本に紹介できればと思い、ワイン輸入業を始めることとなりました。
 私のワイン輸入業を始めるきっかけがDomaine Fleurot-Laroseなのです。

 彼らの創るワインは、どれもピュアな果実味を感じ、華やかな果実や花の香りの中に、土やミネラルを感じながら、テロワールが表現されており、味わいはふくよかなアタックとエレガントでフレッシュな印象を与える酸味とがバランスよく調和しています。しかも、長期の熟成において複雑性が増しながらも、その印象が変わることなく、余韻に長く持続します。実際、現在でも時折分けていただく1960年代のワインにも感じる印象となっています。
 さらに、常に料理をより美味しく食べ続けることのできるワインであることも付け加えておきたいと思います。それは、おそらく、現当主のニコラが世界中のレストランを食べ歩く無類のグルメであり、久美子さんがブルゴーニュの伝統料理を持って訪問客をもてなす素晴らしい料理人でもあることからなのだと。

田崎 真也