イベントカレンダー

第25回パリクラブ輝く会 小泉八雲の曾孫 小泉凡氏 講演会「ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)とフランス、そして松江」

©KOIZUMI

©KOIZUMI

小泉八雲の直系の曾孫 小泉凡氏は、曾祖父の人生を辿るかのように民俗学を専攻し島根県で教鞭をとられておられます。
日本を愛したギリシャ生まれのラフカディオ・ハーンはフランスにも縁があったという知られざる経歴を知ったパリクラブ輝く会では、小泉凡氏の上京の折にお時間をいただいて講演会を開催することになりました。
小泉八雲のハーン姓のルーツがノルマンディーで、ハーン自身も幼少の頃、北フランスの神学校に通った時期があったそうです。画家で民俗学者のポール・セビヨの作品を愛読し、出雲神話について最初に知ったのは2冊のフランス語の本を通してでした。後にフランス領西インド諸島のマルティニークに2年滞在し、民族誌を著しています。
20世紀の構造主義を構築したフランスの人類学者レヴィ・ストロースがハーンを愛読し、弟子にあたるベルナール・フランクが「八雲の弟子」を任じて来日し、護符を通した仏教研究を行い、コレージュ・ド・フランスにて日本研究をリードしました。島根県松江市では、ハーンの妻となるセツがフランス人ワレットから虫眼鏡をもらったことがきっかけで、異文化へのコンプレックスがなくなり、ハーンと国際結婚したという逸話も残っています。
小泉凡氏は現在、小泉八雲にかかわる怪談を観光資源として活かす「松江ゴーストツアー」や俳優の佐野史郎さん山本恭司さんとのコラボレーションで「朗読のしらべ」を開催しているそうです。怪談が似合う真夏の夜、私たちも小泉八雲の世界に浸ってみませんか? 沢山の皆様のご参加をお待ちしております。

suite »