イベントカレンダー

第14回パリクラブ輝く会&第4回日仏経済フォーラム共同講演会「あなたも狙われている 世界的サイバーエスピオナージ時代 日本とフランスの課題と展望」

2018年6月26日(火)開催
講師:新田容子氏 司会:瀬藤澄彦氏

講演の内容

エスピオナージの歴史は12世紀のイタリア半島に遡ります。

サイバー空間の到来により、従来のエスピオナージ活動に加え、そのアプローチは大きく様変わりしています。サイバーエスピオナージは国家レベルでの知的所有権やビジネス機密情報の窃盗の目的としてのツールになっています。

自国のイノベーションを達成するためにデジタルトランスフォーメーションを国家の戦略とし、サイバーエスピオナージを利用している国も出ています。

AI、データ、IOTなど、今世紀の技術革新がもたらすデジタルな経済効果のインパクトは大きい。しかしその反面、イノベーションに潜むセキュリテイの脆弱性には今まで経験したことがないものであり、各国手をこまねているのが実情です。

本講演では、サイバーエスピオナージとは何か、誰がいかにして行なっているのか、国家、企業に多大な被害をもたらすサイバーエスピオナージの背景、現状(日本を含む各国の事例)、また、経済コストの視点から世界にもたらすインパクトについて解説をしていただき、また今後のインプリケーション展望についても言及していただきます。

場所 日仏会館501会議室(日仏会館ホールから変更となりました)
日時 2018年6月26日(火)
 18時00分 受付開始
 18時30分 講演
 19時30分 質疑応答
 20時00分 懇親会
 21時00分 終了
主催 パリクラブ輝く会、日仏経済フォーラム
共催 在日フランス商工会議所、TMF日仏メディア交流協会
協力 公益財団法人日仏会館、日仏関連団体(申請中)
参加費 主催・共催・協力団体会員 1000円
一般 2000円
締め切り日 2018年6月24日

イベントに申し込む

新田容子氏 略歴

新田容子氏

日本安全保障・危機管理学会・主任研究員・ロシア動向及びインテリジェンス担当 
防衛大学 アドバイザリーボード・サイバー戦概論戦略担当

英国王立国際問題研究所(チャタムハウス)国際安全保障チームメンバー
G7サイバー専門家会合委員  EU-日本安全保障プロジェクト・サイバーセキュリティ担当  欧州連合・イスラエル・ドイツの「世界のリーダーズプログム」のメンバーに選出される

日本パスツール財団 : 免疫と感染症に関する日仏セミナー

2018年の日仏修好160周年、パスツール研究所創立130周年を記念して、日本パスツール財団は、生命科学分野における日仏間の研究交流をテーマとした講演会を開催します。

パスツール研究所は、京都大学並びに東京大学を研究パートナーとしてパスツール国際合同研究ユニットを立ち上げ、実質的に昨年来稼働しています。また、フランスを代表する科学者の一人でパスツール研究所長も歴任したフィリップ・クリルスキー博士は、免疫学の成果に関する統合的な思索をLe Jeu du hasard et de la complexité: La nouvelle science de l’immunologieとして2014年にフランスで上梓。同書は『免疫の科学論–偶然性と複雑性のゲーム』として日本語に翻訳され、本年6月に日本でも刊行される予定ですが、日本の科学研究に哲学的一石を投じることが期待されています。

日本パスツール財団の前身の日本パスツール協会は、日仏間の研究開発協力を促進する目的でフィリップ・クリルスキー所長(当時)の助言とイニシアティブで設立されました。本イベントが、広く生命科学に関心を持つ方々にとって、新しい知見のヒントになれば幸いです。

日 時 2018年6月23日(土)14時~18時 講演会 18時~20時 懇親会
会 場 京都アカデミアフォーラム(講演会)、京都大学東京オフィス(懇親会)
〒100-6590 東京都千代田区丸の内1-5-1新丸ビル10階
定 員 講演会 100名(先着順)
参加は無料ですが、事前登録が必要です。
懇親会 60名(先着順)参加費 5,000円 事前振込制。
使用言語 日英同時通訳
申込み 別紙(http://zaidan.pasteur.jp/news/2018/20180509_002.pdf)をダウンロードの上、日本パスツール財団までファックス(03-6228-5365)またはメール(event@pasteur.jp)にてお申込みください。
プログラム 14:00-14:10 日本パスツール財団・パスツール研究所挨拶
        マルク・ジュアン博士(パスツール研究所 国際部門長)
14:10-15:50 パスツール研究所国際合同研究ユニットにおける共同研究

  1.京都大学とパスツール研究所の合同研究
    14:10-14:30 インフルエンザワクチンの免疫反応に関する
            統合オミックス解析

            松田文彦教授(京都大学)及び
            アナヴァジ・サクンタバイ博士(パスツール研究所)

    14:30-14:50 関連トピックスの紹介 平山謙二教授(長崎大学)
    14:50-15:00 討議

 

  2. 東京大学医科学研究所とパスツール研究所の合同研究
    15:00-15:20 腸内微生物叢解析と粘膜免疫機構
            植松智教授(東京大学医科学研究所)及び
            ジェームズ・ディ・サント教授(パスツール研究所)

    15:20-15:40 関連トピックスの紹介
            シドニア・ファガラサン博士(理化学研究所)

15:40-15:50 討議
15:50-16:10 休憩
16:10-17:10 特別講演

    16:10-17:00 免疫の科学論–偶然性と複雑性のゲーム
            フィリップ・クリルスキー教授
           (元パスツール研究所長、
            コレージュ・ド・フランス名誉教授)

    17:00-17:10 Q&A

17:10-17:40 パネル・ディスカッション
        (モデレーター:ジェームズ・ディ・サント教授)

        フィリップ・クリルスキー教授(元パスツール研究所長)
        本庶 佑特別教授(京都大学高等研究院)
        湊 長博教授(京都大学副学長)
        村上善則教授(東京大学医科学研究所長)

17:40-17:50 閉会の言葉 (日本パスツール財団)
18:00-20:00 懇親会

主催 一般財団法人日本パスツール財団
後援 在日フランス大使館、パスツール研究所、東大医科学研究所、京大ゲノム医学センター
助成 公益財団法人原田積善会
協賛 大里研究所
協力 みすず書房、サイファイ研究所ISHE、パリクラブ「輝く会」、笹川日仏財団

第13回パリクラブ輝く会コンサート「花咲く文化の交差点」中世フランスの音楽

十字軍時代の騎士たちの心情に想いを馳せて

ヨーロッパ中世音楽のスペシャリスト「TrouBour(トルブール)」による、古の吟遊詩人らが奏でた中世フランス音楽のコンサート。リチャード獅子心王の単旋律歌曲『囚われ人は決して』をはじめとして、十字軍を主題とする歌や騎士道に基づく宮廷の恋愛歌など、中世のフランスに浸る午後のひと時をお届けします。

場所 日仏会館ギャラリー
日時 2018年6月17日(日)14時00分~15時15分(開場13時30分)
主催 日仏経済交流会(パリクラブ)輝く会
協力 (公財)日仏会館、日本中世フィドル協会
定員 80名
参加費 日仏会館・パリクラブ会員 事前申込2000円 当日3000円
一般の方 事前申込3000円、当日3500円
コンサート内容に関するお問い合わせ TrouBour(トルブール)troubour@gmail.com

イベントに申し込む

TrouBour(トルブール)

2015年10月に結成された音楽ユニット。歌、ハープ、フィドル、パーカッションなどを使って、中世/ルネサンス音楽を現代に新しく蘇らせるため、演奏活動を行っている。
グループ名の TrouBour は、吟遊詩人トルバドゥール Troubadour とフレームドラム Tambour とを組み合わせた造語。トルバドゥール Troubadour は、南フランスで使われていたオック語の動詞 トロバール Trobar が 語源だといわれている。Trobar は、見つける、発明する、作詞する、作曲するという意味。北フランスの吟遊詩人トルヴェール Trouvère も、古フランス語の作詞するTrouverという動詞が語源とされる。
トルブールは、中世の作詞作曲家トルバドゥールの思いを受け継ぎ、音楽を新たに作りだす(Trobar)ことに主眼をおいている。またフレームドラムの四つの基本的な音である「地、風、水、火」の要素にも着目している。これは古代ギリシャから中世、19世紀に至るまで、地球上の万物の根源と考えられていた四大元素でもある。奏者、楽器、演奏する場所、奏でられる音、響き渡る音、紡ぎだされる想い、共鳴しあう心など。これらすべてが自然の一部であること。そして種々様々な要素が一体となって、時空や国籍を超え、音楽を通して一つの輪の中で心を通い合わせることが、このユニットの目指す世界観である。