【レポート】第5回ワインブラインドテイスティング大会

ワインの深淵な世界を垣間見るブラインドテイスティング大会

毎年、秋が深まりフランスでもぶどうの収穫とその品質が話題になる頃、パリクラブが企画するワインのブラインドテイスティング大会が開かれます。今回で5回目になるこのテイスティング大会には、今回も
60名を超える方が参加して、大いにワインの味わいの深さ、世界の広さを味わいました。ここからは、2017年10月25日(水)に開催されたその模様をレポートします。

今回の会場となったのは、科学技術館内地下1階にあるパークレストラン。北の丸公園に隣接し緑に囲まれたロケーション。開場の時間ともなると、多くの参加者が集まってきます。会場に並べられたのは、ブラインドされた13種類のフランスワイン。今回もサントリーワインインターナショナル(株)企画管理本部の柳原さんが趣向を凝らしたワインセレクションから、その生産年、生産地域、主要葡萄品種を選択肢から選ぶというルール。しかも、この会から前回の上位入賞者は、それらを選択肢がなく全て記述式で解答するというハンディキャップが付けられています。

18時30分になり、パリクラブ会長の宮原さんのご挨拶から会はスタート。ワインが並んだテーブルには、さっそく大勢の参加者が集まって試飲グラスにワインを注ぎます。すると、会場にはワインのアロマが広がってきます。複雑な香り、色、味わいが精緻に組み合わさってできたワインの迷宮に迷わないで正解にたどり着くために、みなさん真剣にテイスティングをしていました。

配られた解答用紙。選択肢がないバージョンもあります。

配られた解答用紙。選択肢がないバージョンもあります。

今回からスマートフォンで解答するシステムも導入されました。

今回からスマートフォンで解答するシステムも導入されました。

このブラインドテイスティング大会の特徴は、テイスティングの時間が長いこと。18時半~19時45分までたっぷりと、ゆっくりと、じっくりと一つ一つのワインの味わいをチェックするのです。その時間の中で刻々とアロマや味わいが変化するのもワインの魅力。それが逆に、迷宮へと誘うこともあれば、大きなヒントを与えてくれることもあるようです。おのが味覚を研ぎ澄ましながら味わう姿は真剣そのものです。