イベントカレンダー

第36回 輝く会イベント「時空を超えたブルゴーニュのシャトー、カーヴ・オンライン見学会」のご案内

パリクラブ輝く会では来る3月28日にコートドボーヌの南部にある美しいサントネ村のロマネコンティの歴史が息づくワイナリー「ドメーヌ・フルーロ・ラローズ」のシャトー・カーヴ・オンライン見学会を開催します。
「ドメーヌ・フルーロ・ラローズ」は2018年日仏友好160周年を記念して当時皇太子だった天皇陛下がフランスを訪れた際、訪問されたことで知られています。
ご案内くださるのはオーナーのニコラ・フルーロさんと久美子夫人。

フルーロ家のワイン造りの歴史はフランス革命前に遡ります。現在のドメーヌの本拠地 シャトー デュ パスタンをフルーロ家が購入したのは1912年。シャトー名 Passetemps のごとく優雅に時が流れていくのを感じます。かつてはロマネコンティがこのシャトーで醸造され地下のカーヴで熟成されていたそうです。第2次世界大戦中はドイツ軍に占領されるも指揮官の計らいにより 戦前のワインも生き延び、地下2階建て、1400m2の巨大で冷涼なカーヴの一角に静かに今も眠り続けているというなんとも貴重な財産です。
「ドメーヌ・フルーロ・ラローズ」のワインは サントネイ、シャサーニュモンラッシェ、バタールモンラッシェ、ル モンラッシェ。いずれも長熟タイプ。1er Cru のモノポール畑を2つ所有しているとのことです。

ブルゴーニュで最も美しいカーヴの一つを録画映像(※1)で見学し、久美子夫人からのそこに眠る至宝のワインたちの紹介を楽しんでみませんか?
ご関心を持たれた皆さまに日本で購入できるドメーヌ・フルーロ・ラローズのワインをご案内をさせていただきます。
下記、田崎真也オフィシャルワインショップから事前に購入することが可能です。宜しかったら是非入手してみてください(※2)。

ドメーヌ・フルーロ・ラローズのワインを購入されたい方はこちら

当日はパリクラブの海外会員 香取夏野さんが現地に飛び、東京と結んでライブ配信も行う予定です。
沢山の皆様のご参加をお待ちしております。

suite »

第9回 Salon de Paris Club Online event «コロナ後の世界と日本の方向性»

次回のSalon de Paris Clubはオンライン開催となりますが、2019年5月に御登壇いただいて大好評を博しました、国際ジャーナリスト・キャスターとして著名な蟹瀬誠一(かにせせいいち)氏をお迎えします。蟹瀬氏は、明治大学国際日本学部名誉教授、外交政策センター理事も務めておられます。今回は、コロナの後、我々の惑星がどのように変化し、日本人として何をすべきかということに関しての方向性を示していただけるものと思っております。講演内容を御本人に以下のように紹介していただきました。

  • コロナ禍が教えてくれたブラックエレファントへの備え
  • トランプの呪縛が解けないアメリカと世界のゆくえ
  • リーダー不在の日本の選択

皆様の御参加をお待ちしております。

suite »