イベントカレンダー

【レポート】成嶋志保 レクチャー・コンサート

秋が深まり、芸術を楽しむのにぴったりな季節となりました。そんな10月29日の夜、日仏会館ホールにて「成嶋志保 レクチャーコンサート 19世紀 パリを彩った作曲家たち」と題したコンサートが開かれました。
成嶋さんは、フランス各地やヌーベル・カレドニアで暮らし、フランスの本当の姿、そしてパリのエッセンスを感じている方。現在は、フランス・カンペール市に在住しフランス各地で公演を行っています。

そんな成嶋さんが、19世紀のパリを彩った作曲家達のエピソードを語りながらその演奏を楽しむという趣旨が今回のレクチャーコンサート。当日、演奏されたプログラムは以下の通りです。

クロード・ドビュッシー
「アラベスク1番」、「亜麻色の髪のおとめ」、「西風の見たもの」
セシル・シャミナード
「孤独」、「テーマと変奏」
エリック・サティ
「グノッシエンヌ1番」、「ピカディイ」
フレデリック・ショパン
「ノクターン嬰ハ短調 遺作」「幻想即興曲」
フランツ・リスト シューベルト歌曲より
「水面に寄せて」「魔王」

それでは、今回のレポートは成嶋さんの演奏と共に実施されたレクチャーのサマリーをお届けいたします。

Pages: 1 2 3 4

【開催済】「成嶋志保 レクチャー・コンサート」のお知らせ

成嶋志保

10月、いよいよ「文化の秋」も本番です。今日は、今月29日の文化イベント、フランス在住のピアニスト成嶋美穂さんを迎えての楽しいレクチャー・コンサート(Conccert Commenté)をご案内します。
成嶋さんはフランス各地やヌーベル・カレドニアで暮らし、様々な「フランス」を知り、日仏で演奏・指導に当たってきました。今回は、繊細かつダイナミックな演奏と魅力的なトークで、多くの才能が競った19世紀のパリの音楽シーンを蘇らせます。演奏後は、ワインを片手に語り合う懇親会もセットされています。ぜひご参加ください。

「成嶋志保 レクチャーコンサート
    19世紀 パリを彩った作曲家たち」
~華やか、かつ複雑な時代背景を音楽とお話でご紹介いたします~

プログラム

  • クロード・ドビュッシー 「アラベスク1番」、「亜麻色の髪のおとめ」、「西風の見たもの」
  • エリック・サティ 「グノッシエンヌ1番」、「ピカディイ」
  • セシル・シャミナード「孤独」、「テーマと変奏」
  • フレデリック・ショパン 「ノクターン嬰ハ短調 遺作」「幻想即興曲」
  • フランツ・リスト シューベルト歌曲より「水面に寄せて」「魔王」
日時 2018年10月29日(月)18時30分~20時45分(入場 18時~)
会場 日仏会館ホール 演奏後ホワイエで懇親会
渋谷区恵比寿3-9-25
https://www.mfjtokyo.or.jp/access-map.html
会費 (懇親会費込み)
パリクラブ、ALFI会員  事前振込 3500円  当日支払 4500円
会員以外     事前振込 4500円  当日支払 5500円
主催 日仏経済交流会(パリクラブ)
担当・問い合わせ 足立(junkoak1007@yahoo.co.jp
星出(yoshihoshide@gmail.com

イベントに申し込む

成嶋志保さんプロフィール

成嶋志保 新潟県出身。東京音楽大学付属高校、パリ・エコールノルマル音楽院、伊イモラ音楽院、リオン音楽院大学院修了。その後、フランス各地や日本で演奏活動を続ける。また、シャンティ音楽院、ノワイヨン音楽院、エコール・ノルマル音楽院、国立ニュー・カレドニア音楽院で後進の指導にもあたった。
フランス生活は約25年、パリ(計16年)、ポワチエ、ニュー・カレドニア、ナントを経て、現在、ブルターニュ地方のカンペール在住。ナントでは今年5月、日仏修好160周年を記念して市民と在住日本人の合唱を企画し、指揮・伴奏した。2017年からベズィル・ピアノ・フェスティバル(le festival Piano à Bézyl)芸術監督。女性作曲家や無名の作曲家の作品の演奏にも力を入れている。
https://shihonarushima.jimdo.com/

【レポート】第6回ワインブラインドテイスティング大会

ワインを味わい、そして知識を深める人気のイベント

本格的なワインシーズンを迎えたなか、ワインファン待望の恒例イベント、第6回ワインブラインドテイスティング大会が10月25日(木)に「パークレストラン」(東京都千代田区)で開催されました。サントリーワインインターナショナル(株)企画管理本部の柳原亮さんがチョイスした13種類のフランス産ワインセレクションから、それぞれの生産年、生産地域、主要葡萄品種を当てるという、美味しいワインを楽しみながら知識も深められる人気の企画で、今年もまたディフェンディングチャンピオンも含め多くの挑戦者が集まりました。

基本のルールは選択肢から正解を選ぶのですが、前回から過去の大会の上位入賞者については選択肢がなく全て記述式で解答するというハンディキャップを採用。上級者にとっては厳しい条件となりましたが、そのぶん優勝争いの面白さが増したといえるでしょう。また、前回からスマートフォンによる解答も可能になっています。 

いよいよテイスティングが始まると、それまでの和やかな雰囲気から一変し、みなさん真剣な表情に。微妙に異なる香り、味、色などを慎重に確かめながら、ワインの奥深い世界に悪戦苦闘していました。持ち時間が1時間以上と長く、ゆっくり味わえるのがこの会の魅力なのですが、逆に迷いが生じてしまうケースもあったようです。テイスティングタイム終了直前に、ちょっとお話を聞いてみました。纐纈さんは「通っていたテイスティングスクールでは、試飲の種類がマックス6種類だったので、まず数の多さにびっくりしました。これだけフランス産ワインが一堂に会する機会はなかなかありませんし、楽しいイベントですね」と話されていました。

テイスティングタイムはみなさん真剣勝負

テイスティングタイムはみなさん真剣勝負

Pages: 1 2 3

【開催済】第6回ワインブラインドテイスティング大会

日時:2018年10月25日(木)18時30分~21時 30分

「ワインがお好きな方、興味がある方、是非ご参加下さい。」
パリクラブで6回目となる、ワインのブラインドテイスティング会を企画しました。今まで経験の無い方の参加も大歓迎です。是非この機会に、ワインの奥深い世界の扉を開けてみませんか?

  1. ブラインドによるワインの品種・生産地域・生産年の予想(18時30分~19時45分位)
    ブラインドで、10数種類のワインの上記3項目を予想して頂きます。懇親会の場で、正解を発表します。今回は第2・4・5回と同様フランス産ワインを対象とします。
  2. 懇親会(19時45分位~21時15分位)
    前半のブラインド大会が終了後、お食事(着席・ビュッフェ)を用意し、懇親会を開催します。ブラインドに出題をしたワイン等を再度じっくりとお楽しみ下さい。成績上位者には、賞品を用意しております。

日仏経済交流会(パリクラブ)主催 在日フランス商工会議所(CCIFJ)共催

場所 パークレストラン 東京都千代田区北の丸公園2-1 科学技術館内地下1階
(tél. 03-5222-0136)
案内図 http://www.jsf.or.jp/access/map/
最寄り駅 東京メトロ東西線「竹橋駅」1b出口より歩6分
東京メトロ東西線・半蔵門線・都営地下鉄新宿線「九段下駅」2番出口より歩10分
会費 主催・共催団体会員:7,000円(事前振込み)・8,000円(当日支払い)
非会員:9,000円(事前振込み)・10,000円(当日支払い)
注意事項 参加者は筆記具をご持参下さい。
申込締切 2018年10月18日(木)
(締切り日以降はキャンセル料金がかかりますのでご注意下さい)
定員数 100人

イベントに申し込む

【開催済】第4回《 Salon de Paris Club 》エルメスと老舗の精神

次回《 Salon de Paris Club 》は、エルメスジャポン代表取締役社長、エルメス・パリ本社副社長を歴任され、現在はシーナリーインターナショナル代表として日仏企業へのブランド戦略のコンサルティングをされている齋藤峰明氏をお迎えし、10月9日(火)19時より開催いたします。
エルメスの企業文化、ブランド価値など、日本とフランスでの豊富なご経験から貴重なお話を伺えるまたとない機会です。

日時 2018年10月9日(火) 19時より(受付は18時30分より) 
場所 GUN-SHIP ホテルニューオータニ ガーデンコート4F
東京都千代田区紀尾井町4-1 Tel:03-3221-4314
赤坂見附駅(D紀尾井町口)、永田町駅(7番出口)より3分
プログラム 18時30分:受付開始
19時:齋藤峰明氏のご講演、質疑応答
20時:懇親会

講演者略歴

M.Saito portrait 21952年静岡県出身、パリ第一(ソルボンヌ)大学芸術学部卒業。
(株)三越パリ駐在所長を経て、エルメスジャポン代表取締役社長、エルメス・パリ本社副社長を歴任。2015年にシーナリーインターナショナルを設立、その代表として日仏の企業へのブランド戦略のコンサルティングを行なうとともに、日本の伝統技術を生かした新しい商品を世界に紹介するギャラリー、アトリエ・ブランマントをパリに開設。パリと東京をベースに日本発の新しい価値観の創出と世界への発信の活動を行う。
ほかにライカカメラジャパン取締役、(株)ルミネ顧問、パリ・イルドフランス商工会議所日仏経済交流委員会理事など。 フランス共和国国家功労勲章シュヴァリエ叙勲。

イベントに申し込む

参加費 主催・共催団体 6000円、 一般 7000円
使用言語 日本語
主催 日仏経済交流会(パリクラブ)
共催 在日フランス商工会議所
お申込み パリクラブのHPより10月5日までにお申込みください。
人数に限りがございますので、ご希望の方はお早目にお申し込みください。また申し込み期限後のキャンセル、当日の不参加の場合、参加費用の全額を頂戴いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

パリクラブ 文化委員会 Salon de Paris Club

【レポート】第19回パリクラブ輝く会講演「孫だから語れる渋沢栄一の秘話」

第19回パリクラブ輝く会講演「孫だから語れる渋沢栄一の秘話」

さる10月3日、日仏会館(東京・恵比寿)にて、パリクラブ主催によるエッセイスト・鮫島純子さんの講演がありました。明治から大正期、政財界 で活躍され、日本の資本主義の礎を築いた・渋沢栄一(日仏会館の創設者でもある)の孫として知られる鮫島さん。その著書「祖父・渋沢栄一に学んだこと」では、自身が目にした祖父や渋沢家ゆかりの人々の姿をまるで昨日のことのように活写し、経営者ばかりか、一般女性にも広く共感を呼びました。伝説の実業家の一番身近にいた著者の肉声が聞けるとあって、予想を遙かに超える参加者が来場しました。

パリクラブ・輝く会実行委員会 森実行委員長の挨拶の後、鮫島さんと共にパリクラブ会員でドレカミジャポン代表の畠山奈保美氏が司会進行として登壇。畠山氏といえば、フランスのポール・クローデル協会会長であるユベール・マルタン氏のパートナーであり、この日は奇しくも、渋沢栄一とクローデルという日仏会館の創設者に縁の深いお二人の対面となりました。まず、マルタン会長から託されたメッセージが鮫島さんに手渡され、講演会は始まりました。

畠山氏はフランスではクローデルのお孫さんとも面識があり、その方から「祖父から日本人で最も尊敬すべき人は渋沢栄一だった」と聞いていたエピソードも。

どんな人にも温顔と寛容の精神で接した渋沢栄一

鮫島純子さんこの日、手製のワンピースで登壇した鮫島さんは、「若かった頃は自分の手で服を縫って家計を助けておりました。その頃は三越でもワゴンの上に売れ残りの布が積まれておりまして、この服もワゴンからお手頃のお値段の中から選んだ布で縫った20年前のものです」と話しはじめました。ワンピースの胸には真珠のブローチが光っていましたが、それについて、御木本真珠の創業者・幸吉翁にとてもゆかりのある真珠ですと彼女は言い、幼い頃、祖父・渋沢栄一のお相伴で御木本氏からのおよばれに思いを馳せるのでした。

「この昼食会には、特別に本物の真珠入りの貝のフライが振る舞われ、各々は、その真珠を飲み込まないように注意深く舌で探し当てながら、美味しく頂きました。その時の真珠を、母が記念に集めて作らせたのがこのブローチなんです」
と話す鮫島さん。かつて、御木本氏がパリ万博に出展した際、現地の宝石商たちから「模造品」だと裁判を起こされ、その裁判費用で御木本氏の財政は逼迫しました。そのとき、援助の手を差し延べたのが渋沢でした。彼は、「将来日本の大事な産業として世界に誇れるものになる」としてバックアップしたのです。

「生涯に500余りに及ぶ事業を興した祖父ですが、その実像は金力でなく、『信用』と『社会性』の財産家でしたので多くの方の賛同を得られたと思います」
と彼女は話します。事実、渋沢は、福祉事業や苦学生、海外からの訪問者、神社社寺、キリスト者、アーティストへの援助はもちろん、本来ならば資本家の “敵” であるはずの労働運動にも率先して手を差し延べました。

「『論語』を座右の書とした祖父のモットーは、『道に外れたことはしない』でした。さらに、『金は働きのカスだ。機械が運転しているとカスがたまるように、人間が働いていると金がたまる』として、これと見込んだ人や活動には援助を惜しまなかったのでございます」

そのことを、少女時代に理解していた鮫島さんは、ある日、女子学習院高等科の授業で倫理学の講師が「人間の欲望」の悪例として、当時財を成した実業家たちがその後爵位を欲したと講義、その中に渋沢も含まれていたことを心配し、教官室に一人で否定に行ったといいます。

「その後、父宛にその講師から小包と共に謝罪の手紙が届き、そこには『お嬢様は立派です』としたためてありました」
そのとき、渋沢と同じく実業家だった鮫島さんの父、正雄氏は、彼女の行動に対し『デカシタゾ!』と苦笑いしていたとか。

Pages: 1 2 3 4